臨時休校

【対策】親子でコロナうつにならないために私が取り組んでいること

アキ

コロナの影響で、不要な外出を控えるようになりました。

週末も自宅で過ごすことが多く、それが当たり前になってきた反面、自分の身にコロナが近づいてくる恐怖に、今も強い不安を感じます。

今、問題になっている【コロナうつ】

自分には関係ないと思っていましたが、ニュースを見た後に不安になったり、夜に良からぬことを、アレコレ考えたり…

りゅー

あと何回いったら、ようちえんお休み?

幼児の息子は、夜泣きは落ち着きましたが、登園渋りは今も続いています。

ひー

もう、テスト!テスト!やだぁ!!!

小学生の娘は、学校の勉強の進度が速く、テストの毎日…疲れを感じています。

確実に、親子でコロナの疲れを感じています。
コロナに振り回されないため、行動や心を意識的に整えるようにしています。

今回は、親子でコロナうつにならないために、私が取り組んでいることを紹介します。

当たり前のことでも、改めて一緒に、確認してみませんか?

親子でコロナうつにならないために

親子でコロナうつにならないために

私は5つのことに気をつけて、生活しています。

  1. 必要以上に情報を追わない
  2. コロナを脅しに使わない
  3. 生活リズムを一定にする
  4. 親子で運動する
  5. 今できることを淡々とこなす

詳しく、1つずつ見ていきましょう。

必要以上に情報を追わない

【コロナうつの対策】必要以上に情報を追わない

私の住んでいる地域も、コロナ感染者が未だに出ています。
そのたびに気がつけば、ネットで感染者情報を追う、自分がいました。

テレビは地元ニュースを付けっぱなし
ネットで【地域名+コロナ】を調べまくる

でもこの行動は、自分の恐怖をあおり、不安になるだけだと気づきました。
そこで私は、新聞の地方版にしぼって、情報を得ることにしました。

無駄に情報を追わない

それが、自分の精神衛生上よいと、再確認しました。

アキ

情報を得て、自分の身を守ろうとすることは、大切です。
でも、必要以上に心配し、不安を感じる意味はないですよね。

コロナを脅しに使わない

【コロナうつの対策】コロナを脅しに使わない

「今ケガしても、(コロナ感染のリスクがあるから)病院には行けないんだよ!」と怒ってしまう。

我が家だけでしょうか?

我が子を心配しているはずなのに、気がつけばコロナを脅しに使っている…

「イオンに行きたい~」という子供に
「コロナで、行けるわけないでしょっ」と、つい言ってしまう。

本来なら、行きたい気持ちを受け止め
「ママもだよ~行きたいよね」って共感することが大切。

その言葉が、子供の気持ちの安定に繋がるのに。

親の言動で、子供に無駄な不安を、あおってはいけない。

気をつけようと、心にきざみました。

生活リズムを一定にする

【コロナうつの対策】生活リズムを一定にする

生活リズムを整えることが、健康には一番。
特に、人は眠れなくなると、いっきにメンタルに影響します。
1日の時間割を決めることで、生活を整え、早寝早起きを徹底しています。

現在、通常投稿になった娘の通う学校でも、毎日の生活チェックシートが配られました。

親子で運動する

【コロナうつの対策】親子で運動する

体を動かして、気持ちをリフレッシュ!

我が家は

  • 朝のラジオ体操
  • 室内でトランポリン
  • 天気の良い時は、愛犬も連れて散歩

それだけでも、気持ちがすっと、晴れ渡ります。
適度に体を動かすことは、ホントに重要です。

アキ

ダイエットにもなりますしね(笑)

今できることを淡々とこなす

最後は、本当に基本的なことです。

  • 手洗いを徹底する
  • 不要な外出は控える

今、自分ができることをこなすこと。
自衛を徹底すること。

これに尽きます。

淡々とこなすことが、大切ですよね。

私が取り組んでいること【コロナ対策のまとめ】

私が取り組んでいること【コロナ対策のまとめ】

自分の身を守るために、情報を得ているのに、情報を得ることで、自分の不安度を上げている。

意味ないですよね…

正しく怖がる

アキ

言葉では分かっていても、実行するのは、難しいと感じました。

コロナと共存していく流れになっている今
こうして時々、意識することが大切ですね。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。
応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

2020/04/26
2020/06/16 更新
アキ

お題「#おうち時間」

ABOUT ME
アキ
元小学校教諭|教員歴15年|小学生と幼稚園児のママ| 保有資格▶ 幼稚園教諭/小学校教諭/中学校教諭・高等学校教諭(国語)/図書司書教諭/認定心理士(日本心理学会)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA