プログラミング教育

【プログラミングのメリット】子供に身に付く7つの能力とは?

小学校でプログラミング教育が必修化になりますが、プログラミングのメリットって何ですか?

こんな質問に、お答えします。

私は、小学校教諭として働いた経験があります。
現役で働いていた時は、プログラミング教育の研修を受けました。

まずは、結論から!

プログラミング 7つのメリット
  1. 自分で決める力
  2. 段取りをつける力
  3. 数学的に考える力
  4. 問題を解決する力
  5. 文章を読み取る力
  6. 創造する力
  7. 論理的に考える力

この記事を読めば【プログラミングのメリット】が分かりますよ!
1つずつ、見ていきましょう。

プログラミングのメリット

プログラミングのメリットとは?

小学校で必修化されるプログラミング教育のねらいは、3つ。

  1. 論理的に考えていく力(プログラミング的思考)を育てること
  2. 身近な生活でコンピュータが役立っていることに気づくこと
  3. コンピュータのよさを自分の人生や社会づくりに生かそうとする態度を育てること

関連記事>>プログラミング教育の必修化!小学校で何を習う?ヒントは3つのない

論理的に考えていく力以外にも、プログラミングで身に付く能力はたくさんあります。

ここでは、小学校で必修化されるプログラミング教育の中でも特に、パソコンで行う『プログラミング』のメリットに注目していきたいと思います。

プログラミングで身に付く7つの能力

プログラミングで身に付く7つの能力とは?

『プログラミング』で身に付く能力は、7つあります。

  1. 自分で決める力
  2. 段取りをつける力
  3. 数学的に考える力
  4. 問題を解決する力
  5. 文章を読み取る力
  6. 創造する力
  7. 論理的に考える力

1つずつ、詳しく見ていきましょう。

【能力1】自分で決める力

プログラミングのメリット【自分で決める力】が身に付く

プログラミングとは、コンピュータが正しく動くように、コンピュータが分かる言葉で、人が指示することです。

そのため、コンピュータにして欲しいことを、まず自分で決めなくてはなりません。

例えば、ロボットが人と同じようにプリンを食べるとしたら、次のような指示(プログラミング)が、必要になります。 

プログラミングの例

つまり、コンピュータから課題を与えられるわけではありません。

常に、自分でゴールを決めてから、目標を達成できるようにコンピュータに指示を出していきます。

プログラミングは『目標を決める⇒指示を出す』の繰り返し作業です。

そのため、プログラミングができると『自分で決める力』が身に付きます。

【能力2】段取りをつける力

プログラミングのメリット【段取りをつける力】が身に付く

コンピュータにして欲しいことを指示するためには、手順などを前もって計画し、正しい命令を出す必要があります。

後先考えず、その場の思い付きだけでコンピュータに命令しても、エラーを起こし、正しく動いてくれないからです。

その結果、プログラミングができると、『段取りをつける力』が身に付きます。

【能力3】数学的に考える力

プログラミングのメリット【数学的に考える力】が身に付く

プログラミングは、数字や式をたくさん使います。

コンピュータの数値から情報を読み取ったり、情報を数字や式に表したりします。

そのため、『数学的に考える力』が身に付きます。

【能力4】問題を解決する力

プログラミングのメリット【問題を解決する力】が身に付く

プログラミングは、コンピュータに正しい命令を出さないと、して欲しいことをしてくれません。

これをエラーと言います。

しかし、コンピュータが出すエラーには、必ず原因があります。

「なぜ動かないのか?」「どこが間違っているのか?」と、自分から問題を探して、解決しなければなりません。

その結果、プログラミングができると『問題を解決する力』が身に付きます。

【能力5】文章を読み取る力

プログラミングのメリット【文章を読み取る力】が身に付く

プログラミングは、コンピュータが分かる言語を使って、人が指示を出します。

コンピュータが正しく動くためには、順を追って正しい文章の流れで伝える必要があります。

文章の流れを正しく伝えるには、文章を読み取る力が必要です。

プログラミングを学ぶことで、文章の流れを正しく組み替えられるようになり、論点や要点もハッキリ分かるようになります。

その結果、プログラミングができると『文章を読み取る力』が身に付きます。

【能力6】創造する力

プログラミングのメリット【創造する力】が身に付く

プログラミングは「頭の中のアイデアを形にする作業」とも、言えます。

頭の中にある新しいアイデアを、目に見える物として作り出す!

つまり、プログラミングができると『創造する力』が身に付きます。

【能力7】論理的に考える力

プログラミングのメリット【論理的に考える力】が身に付く

プログラミングは『動きを分類し、組み合わせ、試行錯誤し、目標を実現する』という一連の行動を繰り返します。

この行動は、次の4つの順番で成り立ちます。

  1. 物事の因果関係を整理する。
  2. 順序立てて考える。
  3. 先のことを推測する。
  4. 間違った情報を見極める。

つまり、プログラミングができると『論理的に考える力』が身に付きます。

【まとめ】プログラミングのメリット

プログラミングのメリットは、論理的に考える力を含め、7つの能力が身に付くことです。

プログラミング 7つのメリット
  1. 自分で決める力
  2. 段取りをつける力
  3. 数学的に考える力
  4. 問題を解決する力
  5. 文章を読み取る力
  6. 創造する力
  7. 論理的に考える力 

2020年度から小学校で必修化される、プログラミング教育は始まったばかりです。

情報化・人工知能AIの発展する社会に生きていくために、少しずつプログラミングの知識を学んでいきましょう。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。
応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

2020/02/04
アキ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA