プログラミング

プログラミン的思考とは?家庭で身につけるための3つの習慣

小学校で『プログラミング教育』が始まるのが、不安です。
私はパソコン苦手だし…我が子に教えられない!
近くにプログラミング教室もないし…。
自宅で、しかも、パソコンなしで『プログラミング教育』するって、無理ですよね?

アキ

大丈夫!
できますよ~

自宅で、しかも、パソコンなしで『プログラミング教育』することは、可能です!

プログラミング教育に大切なのは『プログラミング的思考』を育てること!
『プログラミング的思考』は、パソコンなしでも身につけることができます。

この記事で分かること
  • プログラミング教育で身につけたい『プログラミング的思考』って何?
  • 家庭で出来る『プログラミング的思考』を身につけるための3つの習慣
アキ

私は、元小学校教諭です。
現役時代、プログラミング教育について研修を受けたことがあります。
現在は、小学生と幼稚園児のママです。

この記事を読めば【パソコンなしで、家庭でプログラミング教育する】ことができますよ!

プログラミング的思考は『問題解決する力』

プログラミング的思考とは?

文部科学省では『プログラミング的思考』を、次のように定義しています。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力。

引用先:小学校プログラミング教育の手引き(文部科学省)より

つまり『プログラミング的思考』とは、コンピュータやプログラミングの考えを使った『問題解決する力』のこと。

アキ

『プログラミング的思考』は、パソコンに向かって、プログラミング言語を打つだけでは育たないってことですね!

学校では、様々な教育的活動を通して『プログラミング的思考』を養うことをねらいとしてます。

関連記事>>プログラミング教育の必修化!小学校で何を習う?ヒントは3つのない

プログラミング的思考を家庭で身につけるための3つの習慣

プログラミング的思考を家庭で身につけるための3つの習慣

では『プログラミング的思考』を、家庭で身につけるためには、どうすればよいのでしょうか?

ポイントは3つ!

  1. やってみたい気持ちを大切にする
  2. 失敗しても怒らない
  3. すぐに答えを教えない

分かりやすく解説していきます。

【習慣1】やってみたい気持ちを大切にする

プログラミング的思考を身につけるための習慣1「やってみたい気持ちを大切にする」

プログラミングは、コンピュータが正しく動くように、コンピュータが分かる言葉で、人が指示することです。

そのため、コンピュータにして欲しいことを、まず自分で決めなければなりません。

つまり「これやりたい!」という、自発的な気持ちが必要になります。

そのため家庭では、普段から子どもの「やってみたい!」の気持ちに寄り添うことが大切になります。 

アキ

でも、後片付けが面倒だから…。
もし、怪我したら危ないから…。

どうしても後先を考えて、子どもの「これやりたい!」の気持ちに即答できず、二の足を踏んでしまいます。

そんな時は、「ダメ!」と即否定するのではなく、子どもの「これやりたい!」の気持ちを受け止め、尊重してあげましょう。

実際に子どもの「これやりたい!」を実現してあげられると、良いのですが…。

まずは、その気持ち「いいね!」と、褒めることから初めてみませんか?

子どもの「これやりたい!」の自発的な気持ちを認め、引き出すことが『プログラミング的思考』を育てる第一歩になります。

【習慣2】失敗しても怒らない

プログラミング的思考を身につけるための習慣2「失敗しても怒らない」

プログラミングは、人が出す指示が正しくなければ、コンピュータが思うように動いてくれません。

これをエラーと言います。
エラーは、人で言う『失敗』のことです。

プログラミングは【指示する⇒エラーが出る⇒(直すために)指示をする】の連続です。

つまり、失敗を積み重ねて、やっとプログラミング成功!
目的達成となるのです。

そのため、プログラミングには、失敗しても「やり直せばいい」と言う気持ちが大切です。

アキ

でも、我が子が何か失敗すると、すぐ注意してしまいます…

どうしても、子どもが何か失敗すると「なんでそうなったの!?」と、責めてしまいがちです。

でも、失敗こそが『プログラミング的思考』を育てるチャンスだと思いましょう!

子どもが失敗しても責めずに、どうして失敗したのか?
原因を考えること。

そして、同じ失敗を繰り返さないために、次は何をすればよいのか?
改善策を考えること。

この2つを、家庭で繰り返すことで『プログラミング的思考』を育てることにつながります。

【習慣3】すぐに答えを教えない

プログラミング的思考を身につけるための習慣3「すぐに答えを教えない」

自ら考えて想像する力が、プログラミングでは養われます。

最初から、親がやり方や答えを手取り足取り教えてしまうと、子どもが自分で考えなくなります。 

アキ

我が子が困っていたら、すぐ助けたくなっちゃいます…

でも、まずは子どもが自分でチャレンジするように、見守りましょう!

自分で考え、チャレンジして、失敗して、また考え、チャレンジして、成功する!

自分で考えて、できたという達成感が味わえるだけでなく「自分はできる!」という、自信にもつながります。

試行錯誤しながら、行動することこそが『プログラミング的思考』を育てることです。

【まとめ】プログラミング的思考を家庭で身につけるための3つの習慣

『プログラミング的思考』を家庭で身につけるためには、3つの習慣が有効です。

  1. やってみたい気持ちを大切にする
  2. 失敗しても怒らない
  3. すぐに答えを教えない
アキ

とは言うものの、実行するの難しいですよね…

私自身、育児をしていて痛感します。

でも、親が3つの習慣を意識するのと、しないのとでは、のちに差が出ます。

『プログラミング的思考』は、すぐに身につきません。

だからこそ、家庭で少しずつ、3つの習慣を意識していきませんか?
私も頑張ります!!

▼参考にした書籍▼

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。
応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

2020/02/05
アキ

ABOUT ME
アキ
元小学校教諭|教員歴15年|小学生と幼稚園児のママ| 保有資格▶ 幼稚園教諭/小学校教諭/中学校教諭・高等学校教諭(国語)/図書司書教諭/認定心理士(日本心理学会)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA