勉強

【レビュー】学研『全漢字おぼえるカード』メリット・デメリットを解説

学研の『小学全漢字おぼえるカード』っていいの?
口コミが知りたい!

という方に向けて、我が子と使った感想を紹介します。

この記事で分かること
  • 全漢字おぼえるカードのよい点
  • 全漢字おぼえるカードの使いづらい点
  • 実際使った勉強の効果

漢字は、部分的に分けて、イメージをつかむと覚えやすくなります。

アキ

『女』は『く・ノ・一』って書きます。
くのいちって、女の忍者のことを、言うんだよ!

など、小学校教諭として働いていた時に、イメージを伝えながら指導していました。

この指導方法を凝縮した本が、学研の『全漢字おぼえるカード』と言えます。

ひー

があるよだけど』
貝なら、ぜったい間違えないで書けるよ!

自信満々に宣言する、現在小2の娘

今回は、『全漢字おぼえるカード』の魅力を、詳しく紹介していきます!
ちょっと、使いづらい点も、正直に書いていきますよ。

全漢字おぼえるカードは覚えやすい?

学研の全漢字おぼえるカードは覚えやすいか、説明します。

繰り返しになりますが、我が子は『目とハがあるよ貝だけど』の言葉が大好き!
一度しか、聞いてないのに、あっという間に漢字が書けるようになりました。

漢字を部分ごとに分け、イメージを掴みやすくして覚える!
全漢字おぼえるカードの『じゅもん』は、効果バツグンです。

ただ、まだ習っていない漢字が『じゅもん』に登場すると、覚えづらくなってしまうのがデメリット…

例えば、我が家の場合

アキ

海は『っかり・日・でおよぐぞ』

ひー

日って何?

アキ

まだ『
習ってないか…

しかし、漢字の習う順番は、教科書会社によって違うので、仕方がないです…

全漢字おぼえるカードのメリット

全漢字おぼえるカードのメリットは、6つあります。

全漢字おぼえるカードのメリットは、以下の6つです。

  1. 『じゅもん』を唱えるだけで覚えられる
  2. 2020年度の新学習指導要領に対応
  3. 全学年が1冊で網羅できる
  4. フルカラーで見やすい
  5. イラストでイメージが掴みやすい
  6. 書き順も覚えられる

『じゅもん』を唱えるだけで覚えられる

繰り返しになりますが、じゅもんを唱えるだけで、漢字を覚えることができます。
漢字を部分的に分けて覚える方法は、小3に学習する『へん』と『つくり』の考え方に繋げることができます。

2020年度の新学習指導要領に対応

全漢字おぼえるカードは、1026文字!2020年度の新学習指導要領に対応しています。

2020年度から新学習指導要領がスタートしています。
小学校の漢字に20字が追加され、1026字となりました。

もちろん、全漢字おぼえるカードは対応済みです。

全学年が1冊で網羅できる

この1冊で、全学年の漢字が網羅できます。

1冊1,800円で6年間なので、1学年分300円に換算できます。
市販のドリルを買うにも、1冊500円くらいはするので、お買い得と言えます!

フルカラーで見やすい

フルカラーで見やすいデザインです。
『じゅもん』で覚える部分と、赤字で書かれた部分がリンクされてるので、視覚的にとらえやすくなっています。

イラストでイメージが掴みやすい

イラストで『じゅもん』のイメージがつかみやすい作りです。

アキ

個人的には、ネコのゆるかわイラストが大好きです。

書き順も覚えられる

『じゅもん』は、書き順と連動しています。

漢字の形だけでなく、書き順も合わせて覚えられるのは、ありがたいです!

ここまで、メリットを紹介していきましたが、デメリットもお伝えします。

全漢字おぼえるカードのデメリット

全漢字おぼえるカードのデメリットは、以下の3つです。

  1. カードは必要?
  2. 読み索引がほしい
  3. 習っていない漢字がじゅもんにある

我が家が使った場合の感想です。

カードは必要?

全漢字おぼえるカードは、切り離して暗記カードとして使えます。

我が家は、カードとしてではなく、辞書的な使い方をしています。
そのため、この本の売りである『カード』としては使っていません。

  • カードの方が、持ち運びが便利!
  • 暗記カードとして、使える!
  • 該当学年の漢字だけ、まとめられる!

というプラスな見方もあります。

読み索引がほしい

全漢字おぼえるカードに、読み索引ページがほしい!

漢字を覚える時に、本の中から該当の漢字を探すのに、時間がかかってしまいます…。
そのため、読み索引があると便利だなと感じました。

漢字索引はありますが、数字がページの内側に記載してあるため、見えづらいのが残念です。

習っていない漢字がじゅもんにある

繰り返しになりますが、習っていない漢字が『じゅもん』の中にあると、覚えることができません。

アキ

教科書会社によって、出題順が違うので、仕方ないですね…

使いづらいな…という点は、今後の改善に期待します!!

【まとめ】学研|全漢字おぼえるカードレビュー

学研|全漢字おぼえるカードレビューのまとめをします。

我が家が全漢字おぼえるカードを使った感想は、以下の9つです。

メリットは、6つありました。

  1. 『じゅもん』を唱えるだけで覚えられる
  2. 2020年度の新学習指導要領に対応
  3. 全学年が1冊で網羅できる
  4. フルカラーで見やすい
  5. イラストでイメージがつかみやすい
  6. 書き順も覚えられる

デメリットは、3つありました。

  1. カードは必要?
  2. 読み索引がほしい
  3. 習っていない漢字がじゅもんにある

だた、カードの方が使いやすい!読み索引はいらない!教科書会社によって出題順がちがう!などの観点から、必ずしもデメリットにはなりません。

アキ

下の子も小学生になると、学年ごとに分けて、カードにした方が使いやすいかもです!

これからも、使っていくことで、分かるレビューを追加していきたいと思います。

中学版もありました!

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。
応援して頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

2020/06/04
アキ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA