宿題

宿題しない子どもをやる気にさせる4つの方法とは?【実践済み】

早く宿題やりなさい!
宿題してから遊びなさい!

宿題しない子どもに、毎日イライラしているママさん手を挙げて!

アキ

はい!

上の子が小学校に入学し、宿題の大変さに悪戦苦闘する毎日。

小学校教師として、自分は散々宿題を出していたのに、こんなにもおうちの人は大変だったのか…と、身をもって知りました。

でも、少しずつ子どもへの声かけを変えることで、親子共々ストレスなく宿題に取り組めるようになりました!

今回は、元小学校教師の私が実践した【宿題しない子どもをやる気にさせる4つの方法】を紹介したいと思います。

宿題しない子どもをやる気にさせる4つの方法

宿題しない子どもをやる気にさせる4つの方法とは?

宿題しない子どもをやる気にさせるには、4つの方法があります。

  1. 宿題するタイミングを子どもに決めさせる
  2. 宿題しない時はタイムリミットを知らせる
  3. 子どもと一緒に机に向かう
  4. 返却された宿題プリントを見る

すべて私が、小学校1年生の我が子に実践した方法です。
その結果、私は、宿題のイライラから解放されました。

今では「宿題やりなさい!」など、親子の言い争いは全くありません。
※ 別の言い争いはありますが…(苦笑)

それでは、一つずつ詳しく紹介していきます。

【方法1】宿題するタイミングを子どもに決めさせる

宿題しない子どもをやる気にさせる方法①宿題するタイミングを子どもに決めさせる

我が家は、子どもが宿題するタイミングを決めます。

アキ

宿題いつやる?

怒り口調ではなく、普通に聞きます。

ひー

3時半!
おやつ1個たべてから~

などと、娘は答えます。

あとは本人が有言実行するのみです。

私から口出しはしません。
(それが時には辛いのですが…)

本人に宿題するタイミングを決めさせるのです。

子どもなので、「3時半」を過ぎ「4時」になるまで気がつかないこともあります。
その場合は「3時半過ぎたよ~」と親が伝えます。

アキ

親はタイムキーパーです

「3時半だって言ったのに!早く宿題しなさい!」と口出しすると、子どもは反発して宿題をやらなくなります。
子どもは命令されることを嫌うからです。

【方法2】宿題しない時はタイムリミットを知らせる

宿題しない子どもをやる気にさせる方法②宿題しない時はタイムリミットを知らせる

宿題するタイミングを伝えても、なかなかやらない時もあります。

その場合は「これ以上宿題やらないなら、ママは丸付けしなからね。」と、タイムリミットを伝えます。

親が宿題の丸付けをしない場合は
「今やらないともう晩ご飯出すよ。」
「宿題分からないところがあっても付き合えないからね。」
などでも、よいと思います。

今やらないと、宿題に関して親は何もサポートしないというリミットを、子どもに伝えるのです。

すると、子どもは今しかないと思い、宿題に取り組むようになります。

【方法3】子どもと一緒に机に向かう

宿題しない子どもをやる気にさせる方法③子どもと一緒に机に向かう

親がタイムキーパーをしたり、タイムリミットを伝えたりすることで、大半の子どもは宿題に取り組むようになります。

しかし、今日は時間がないから即効性が欲しい!という時は、
親も一緒に机に向かうことをオススメします。

子どもの宿題にジーッと向き合うのではありません。

机に向かうけど、別の何かをするのです。

親は家計簿を付けてもよいでしょう。
お仕事をされてる方は仕事をしてもよいでしょう。
読書が好きな方は本を読んでもよいでしょう。

アキ

私は、ボールペン字を子どもの迎えに座って取り組んでいます。

ついでに、上手に書けたところに丸を付けてもらいます。
ボールペン字の他には、新聞を読む時やファイナンシャルプランナーの勉強をする時もあります。

何でもよいのですが、一緒に座って別の何かをすることがよいです。

ジーッと向き合っていると、「そこ違う!」って、口出ししたくなりませんか?

「○○が宿題するなら、ママも一緒にやろ~」という感じがよいです。

すると、子どもは進んで宿題することが増えていきます。

【方法4】返却された宿題プリントを見る

宿題しない子どもをやる気にさせる方法④返却された宿題プリントを見る

働いているおうちの方なら、毎日宿題に付き合うことはできないと思います。
学童保育で宿題を済ませるお子さんもいるでしょう。

もちろん自分でしっかり取り組んでいる子もいますが、もしかすると人の答えを見て写してしまっているかもしれません。

学習内容が定着しているかを確認するためにも、返却された宿題プリントは確認することをオススメします。

そして、「字、キレイに書けてるね」「難しいのに計算がんばってるね」など、褒めてみましょう。

子どもは「親が見てくれる・褒めてくれる」という嬉しさを感じると同時に、「親が見ているからズルはできない・がんばって取り組もう」という気持ちを刺激されます。

【まとめ】宿題しない子どもをやる気にさせる4つの方法

宿題しない子どもをやる気にさせる4つの方法 まとめ

宿題しない子どもをやる気にさせるには、4つの方法がありました。

子どもが宿題をやる気になる方法
  1. 宿題するタイミングを子どもに決めさせる
  2. 宿題しない時はタイムリミットを知らせる
  3. 子どもと一緒に机に向かう
  4. 返却された宿題プリントを見る

それでも、うまくいかないこともあります。

泣いて、宿題プリントをぐちゃぐちゃにして出す時もあります。
それでもよいと思います。

学校でぐちゃぐちゃの宿題を出したときに、先生から「どうしたの?」と聞かれることも、子どもの学びになります。

期限を守ることや課題をやることの大切さを知る機会になります。

大人になって仕事をする時に、そのプロセスが役立つことになります。

もしできることなら、親から担任の先生に一筆


昨日、宿題に手こずり、取り組めませんでした。
家では指導しましたが、先生からも一言本人に言って頂けると助かります。
よろしくお願いします。

と連絡帳で協力を仰ぐと、親からだけでなく先生からも宿題に対してアプローチできるので効果的です。

宿題は親の課題ではありません。

子どもの学力が定着するために取り組む物です。

どうしても、親としてはやらせないと!と思うのですが、
(私もそう思って焦りますが…)
宿題を忘れて先生から叱らせるのも、子ども自身が必要な経験だと思います。

アキ

宿題は子どもの課題と考え、親はタイムキーパー役に徹する宿題サポーターになりましょう!

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。
応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

2019/11/25
アキ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA