学習ツール

【小学生向け国語辞書】選び方と使い方|失敗しない10のテク

我が子は小学3年生
学校で辞書を使うから、準備して下さいって言われたけど、どんなの買えばいいんだろう?

そんなお悩みを、スッキリ解決します。

アキ

私は、小学校教諭として約10年働きました。
小学生のママでもあります。

先日、小2の娘のため、辞書選びをしました。
本屋さんにあった9冊を見比べた結果と教員の経験を元に、
辞書の選び方と使い方を、分かりやすく紹介します。

この記事で分かること
  • 小学生向け国語辞書の選び方と使い方
  • 国語辞書を楽しく引くアイディア~勉強法~

子供たちは、辞書を引く授業が大好きです。
自分でページをめくり、言葉を探すのが、宝探しのようだから。

小学校にある国語辞書は、5つを基準に選んでます。

  1. 漢字にふりがながある
  2. 字が見やすい
  3. イラストや図がある
  4. マークが分かりやすい
  5. 言葉の数が多い

私が我が子に選んだ辞書は、Benesse発行の国語辞典(ワイド版)
5つの基準を満たしていました。

この記事を読めば、お子さんが国語辞書を引くことが、好きになりますよ。

小学生向け国語辞書の選び方

小学生向け国語辞書の選び方

小学生が使う国語辞書の選び方は、5つ

  1. 漢字にふりがながある
  2. 字が見やすい
  3. イラストや図がある
  4. マークが分かりやすい
  5. 言葉の数が多い

かんたんに、説明します。

選び方1:漢字にふりがながある

総ルビ(ぜんぶの漢字にふりがなあり)の辞書を、選びましょう。

知りたい言葉を見つけても、読めない漢字で書かれていたら、子供はやる気をなくします。

これ、何て読むの?と、無駄な思考が入るので、勉強の効率も悪くなってしまいます。

選び方2:字が見やすい

国語辞書の選び方2:字が見やすい
引用画:Benesseの辞典

字が見やすい辞書を、選びましょう。
見やすさは、大きさと太さで、決まります。

好みもありますが、見出し語が大きく、太字で書いてると見やすいです。
字体のデザインも違うので、数冊の辞書を見比べてみましょう。

選び方3:イラストや図がある

国語辞典の選び方3:イラストや図がある
引用画:Benesseの辞典

イラストや図がある辞書を、選びましょう。
イラストや図があると、調べたい事柄がより詳しく分かります。

また、文字だけ並んでいる辞書は、国語が苦手な子にとって、むずかしく感じてしまいます。

選び方4:マークが分かりやすい

国語辞典の選び方4:マークが分かりやすい
引用画:Benesseの辞典

マークの意味が分かりやすい辞書を、選びましょう。

品詞・関連語・対義語・類義語など、辞書には見出し語の下に色々なマークが書かれています。
マークがあっても、何を表しているか分からなければ、意味がありません。

アキ

Benesse発行のチャレンジ小学国語辞典では、季語が書かれていたので、私の選ぶ決め手になりました。
俳句や詩を書く学習に役立ちます!

選び方5:言葉の数が多い

言葉の数が多い辞書を、選びましょう。
なぜなら、知りたい言葉を見つけやすいです。

9冊の辞書を見比べると、35,000~42,000字が多く見られました。

アキ

35,000文字以上、入っている辞書を目安に買うと、失敗しません。

小学生向け国語辞書の使い方

小学生向け国語辞書の使い方

学校では、国語辞書の使い方を、4ステップで指導しました。

  1. いつでも開けるようにする
  2. どんどん調べる
  3. 音読する・ノートに写す
  4. ふせんを貼る

分かりやすく、説明します。

ステップ1:いつでも開けるようにする

家で使う時と学校で使う時は、少し違いますが、いつでも開けるようにすることがポイントです。

家で使う場合、ケースを外し、手の届くところに置いておくのがベストです。

ステップ2:どんどん調べる

分からない言葉はもちろん、知っている言葉も引いてみましょう。

とにかく気になったら、すぐに調べることが大切です。

語彙力がアップするだけでなく、間違いや意外な事実に気づくことができます。

ステップ3:音読する・ノートに写す

調べた言葉の意味は、声に出して、読みましょう。
目で見るだけでは、頭に入りづらいからです。

そして、調べて分かった意味は、ノートに写します。
写すことで、言葉や意味が覚えやすくなります。

ステップ4:ふせんを貼る

辞書を引くことが好きになるには、ふせんを使うとよいです。

ふせんの数だけ、言葉を調べたのが目で見えるので、自信とやる気に繋がるからです。

国語辞書を楽しく引くアイディア~勉強法~

国語辞書を楽しく引くアイディア~勉強法~

さいごに、国語辞書を楽しく引く勉強法を2つ紹介します。
学校の授業でも、使う方法です。

  1. 速引きレース
  2. 言葉あてクイズ

勉強法1:速引レース

どれだけ速く言葉を見つけることができるか、競争するゲームです。

速引レースのルール
  1. 20個の言葉を用意する。
  2. スタートの声で調べ始める。時間は5分。
  3. 言葉を見つけたら、ふせんを貼る。
  4. 調べた言葉の数が多い人が勝ち。

勉強法2:言葉あてクイズ

覚えた言葉をクイズにする方法です。
国語辞典に書いてある説明を聞いて、どんな言葉のことか当ててみます。

言葉あてクイズのルール
  1. 2人1組になる。
  2. クイズを出す側は、辞書に書いてある意味を読む。
  3. クイズに答える側は、言葉が何か当てる。3回まで間違えられる。
  4. クイズは交互に出し合う。

物をはりつけるのに使う。ねばねばしたもの。

のり

【まとめ】国語辞書の選び方と使い方

【まとめ】国語辞書の選び方と使い方

国語辞書は、小学校3年生で学習します。

辞書の選び方は5つ

国語辞書の選び方
  1. 漢字にふりがながある
  2. 字が見やすい
  3. イラストや図がある
  4. マークが分かりやすい
  5. 言葉の数が多い

辞書の使い方は4ステップ

国語辞書の使い方
  1. いつでも開けるようにする
  2. どんどん調べる
  3. 音読する・ノートに写す
  4. ふせんを貼る

楽しく辞書を引く勉強法は2つ

国語辞書を引く勉強法
  1. 速引きレース
  2. 言葉あてクイズ

学校では、辞書の学習をする授業のみで、日常的に辞書を使わせることは、ほとんどありません。

最近では、スマホや電子辞書などで、かんたんに言葉を調べることができます。

ですが、紙でできた国語辞書を引くことは、調べたい言葉だけでなく、その周りにある言葉も目にすることができます。

そのため、言葉にふれる機会が増え、さらに知りたいことや分かることが増えます。
国語辞書を引く、最大のメリットです。

お子さんに合う辞書と出会えることを願ってます。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。
応援して頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

2020/07/15
アキ

ABOUT ME
アキ
元小学校教諭|教員歴15年|小学生と幼稚園児のママ| 保有資格▶ 幼稚園教諭/小学校教諭/中学校教諭・高等学校教諭(国語)/図書司書教諭/認定心理士(日本心理学会)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA