子育て

育てにくい子に疲れた!それは【HSC】ひといちばい敏感な子かも?

周りと比べると、我が子は『育てにくい子』だと感じます。

赤ちゃんの時は、よく泣き、ずっと抱っこでした。
1歳過ぎからは、こだわりが強く、すぐに癇癪(かんしゃく)を起こします。

私の育て方が悪いのでしょうか?
育児に疲れました。

こんな悩みを持つ、おうちの方、いらっしゃいませんか?

実は、私も同じ悩みを持っていました。

アキ

上の子がまさに『育てにくい』と感じる子

私は、小学校教諭だったので、色々な子供を見てきました。
子供の発達について知識もあり、『我が子は、発達グレーでは?』と悩むことも。

当時、自分なりに色々な本を読み、調べた先にたどり付いたのが【HSC~エイチエスシー~】という言葉でした。

今回は『育てにくい子に疲れた!』というおうちの方へ

ひといちばい敏感な子【HSC】の特徴と、関わり方を紹介したいと思います。

この記事で分かること
  • HSC『ひといちばい敏感な子』とは?
  • HSCのチェックリスト
  • HSCの接し方(体験談)
  • HSCを知るためのオススメ本

現在、我が子は小学生になりました。
こだわりが強いところや、感覚が敏感なところは、相変わらずです。

アキ

でも、乳幼児期の時ほど『育てづらい子』とは、思わなくなりました。

それは、私が【HSC】を知ったからなのか、ただ我が子が成長しただけなのか…
ハッキリ証明は、できません。

少なくとも【HSC】を知って、子育てが楽になったのは、確かです。

過去の私と同じく『育てにくい子に疲れた!』と悩む方が、この記事を読んで少しでも楽になれたら、うれしいです。

育てにくい子に疲れた!もしかすると【HSC】かも?

育てにくい子に疲れた!もしかすると【HSC】かも?
  • ずっと抱っこしてないと、寝てくれない。
  • ちょっとしたことでも、癇癪(かんしゃく)を起こす。
  • こだわりが強く、だましが効かない。

こんなお子さんは、もしかすると【HSC】かもしれません。

HSC『ひといちばい敏感な子』とは?

HSC『ひといちばい敏感な子』とは?
HSCとは、『ひといちばい敏感な子』のことです。

  • 深く考えたり
  • 刺激を受けやすかったり
  • 感情が豊かだったり
  • 小さな変化に気がつきやすかったり

体も心も、とても敏感な子のことをさします。

性別や国籍に関係なく、5人に1人が、生まれつき持っていると言われる『特性』のことです。

特性なので、発達障害でも、病気でもありません。
また、育て方の問題でもありません。

生まれもった特性なので、治すものでもありません。

HSCとは【Highly Sensitive Child】の略です。
日本では『ひといちばい敏感な子』と訳されています。

アメリカの心理学者:エレイン・N・アーロン博士が、1996年に発表しました。

チェックリスト

HSC『ひといちばい敏感な子』のチェックリスト

HSC『ひといちばい敏感な子』か、どうかを知るための、チェックリストです。
全部で23項目あります。

  • どちらかといえば当てはまる、過去によく当てはまっていたなら『はい
  • まったく当てはまらない、ほとんど当てはまらないなら『いいえ

で、答えて下さい。

1すぐにびっくりする
2服の布地がチクチクしたり、靴下の縫い目や服のラベルが肌に当たったりするのを嫌がる
3驚かされるのが苦手である
4しつけは、強い罰よりも、優しい注意のほうが効果がある
5親の心を読む
6年齢の割りに難しい言葉を使う
7いつもと違うにおいに気づく
8ユーモアのセンスがある
9直感力に優れている
10興奮したあとはなかなか寝つけない
11大きな変化にうまく適応できない
12たくさんのことを質問する
13服がぬれたり、砂がついたりすると、着替えたがる
14完璧主義である
15誰かがつらい思いをしていることに気づく
16静かに遊ぶのを好む
17考えさせられる深い質問をする
18傷みに敏感である
19うつさい場所を嫌がる
20細かいこと(物の移動、人の外見の変化など)に気づく
21石橋をたたいて渡る
22人前で発表するときには、知っている人だけのほうがうまくいく
23物事を深く考える
チェックリストの結果

13個以上に「はい」がついたら、お子さんはおそらくHSCだと言えます
しかし、心理テストよりも、子供を観察する親の感覚のほうが正確です。
たとえ「はい」が1つか2つの場合でも、その度合いが極端に強ければ、お子さんはHSCの可能性があります。

『HSCチェックリスト』引用先

HSC子育てあるある うちの子はひといちばい敏感な子!

(監修:明橋大二/著者:太田知子/発行所:1万年堂出版)

HSC『ひといちばい敏感な子』への接し方

HSC『ひといちばい敏感な子』への接し方

その子の個性を受け入れて、その子らしく生きられるようにすることが、大切です。

それが分からないんです!

アキ

ですよね…

私も育児まっさい中!
日々、悩みながら、子育てしていますが、私なりに、たどりついた答えは、4つです。

  1. 白黒させない『グレー』もOK
  2. 『我が子サイコー』いい面を見る
  3. 『ま、いいや』の気持ちをもつ
  4. 『私のせいじゃない』誰が育てても大変

1つずつ、解説していきます。

接し方1:白黒させない『グレー』もOK

HSCの接し方!白黒させない『グレー』もOK

私自身がそうなのですが、白・黒とハッキリさせたいタイプ!

  • ダメなことは、ぜった~いダメ!!
  • 謝るまで、ママは退かないよ!!

そんなガチガチ思考で、育児していた私。
でも、白黒させることが、我が子を追い詰めていることに、気か付きました。

ひー

ぜったい、あやまらない!!
わたしは、わるくない!!

我が子は、私が白黒させようとすると、逃げ場がなくなり、さらに意地を貼ります。
私もイライラが、ヒートアップ!

お互い、意地の張り合いで、気持ちをすり減らしグッタリ…
結局、1番たいせつだった、解決したいことが分からなくなってしまう。

そんな悪循環でしたが、解決方法が見つかりました!
それが、「グレーでもOKだと思うこと」です。

命に関わることや、人として絶対に許せないことに関しては、別です。

それ以外の「親が折れることは認めない」「謝るまで許さない」なんてことは、私と我が子の間では、なくなりました。

アキ

そうだね。
ひーは、そう思ったんだね。
ママはこう思ったけど、ひーの考えもあるかもね。

大人の私が、子供の逃げ道をあえて残してあげる。

全てに白黒つけようとしない。
グレーでもOK!

それって「甘やかし」だよね?
私なら、ぜったい最後まで粘って、子供に謝らせるよ。

と、いうママ友もいました。

確かに、そういう見方もあります。

私も当初は「甘やかし」だと思ってました。
だから、退かずに白黒させてました。

でも、本当に悪循環になるだけなんです!
だから、周りは周り、うちはうち。

例え「甘やかし」だと周りから見られても、私と子供の間では、『グレー』もありという結果に行き着きました。

それが、我が子の自尊心を傷付けず、親子で穏やかに過ごすためのポイントでした。

アキ

完璧主義者でせっかちな私には、すごく大変でしたが…
今も白黒させたくなりますが…気をつけています。

接し方2:『我が子サイコー』いい面を見る

HSCの接し方!『我が子サイコー』いい面を見る

次に、いい面に目を向ける、ということでした。

どうしても、あれもできない!これもできない!こうして欲しい!
という気持ちばかりが出て、焦ってしまう日々…

  • どうして切り替えができないの!
  • だましが効かなくて、疲れる!
  • そんなことに、こだわるな~!!

と、我が子を育てていると、感じることがたくさん。

でも、逆に考えるようにしました。 

アキ

だましが効かないほど、違いが分かる!
頭がいいぞ!

なんて、親バカに考えるように、しました(笑)
親バカ思考になることで、私自身が楽になれました。

接し方3:『ま、いいや』の気持ちをもつ

HSCの接し方!『ま、いいや』の気持ちをもつ

いい面に目を向けると同時に、私に必要だったのが、

『ま、いいや。』
『そのうち、どうにかなる。』

という楽観的な思考でした。

  • こうあるべき!
  • こうしないと!

に、縛られると、親子で辛くなるだけ…

白黒させない『グレー』を受け入れると同時に、
『ま、いいや』の楽観的な思考をもつことで、子供にも自分にも逃げ道を作ってあげる。

甘いかもしれませんが、完璧主義の私にはちょっと力が抜けて、ちょうど良くなりました。

接し方4:『私のせいじゃない』誰が育てても大変

HSCの接し方!『私のせいじゃない』誰が育てても大変

最後は、手が掛かる子は、誰が育てても手が掛かるという考えです。

  • 私の育て方が、ダメなのかな?
  • 甘やかしてるのかな?

って日々、悩んでいました。

でも、決してそうではありません!
断言できます!
誰が育てても、大変な子は、大変なのです。

元幼稚園教諭で、発達支援センターでも働いていた実母でも、上の子のお世話には苦労していました。

ママの育て方・関わり方が悪いわけではない。

同じように育てていても、下の子は『育てにくい』とは、感じたことがありません。
誰が育てても、大変な子は大変なのです。

HSC『ひといちばい敏感な子』を知るための本

HSC『ひといちばい敏感な子』を知るための本

HSC『ひといちばい敏感な子』について知るためのオススメ本を紹介します。
4コマありで、分かりやすく、あっという間に読めます。

▼HSCの基本が分かります▼

▼HSCの接し方が分かります▼

少し難しいですが、もっと詳しく知りたい方はコチラもどうぞ。
子供だけでなく、大人=HSP(ひといちばい繊細な人)についても、分かります。

アキ

私は3冊、ぜんぶ読みました。

育てにくい子は誰のせいでもない!【HSC】のまとめ

育てにくい子は誰のせいでもない!【HSC】のまとめ
  • ずっと抱っこしてないと、寝てくれない。
  • ちょっとしたことでも、癇癪(かんしゃく)を起こす。
  • こだわりが強く、だましが効かない。

そんな『育てにくい子』と感じたら、もしかすると【HSC】ひといちばい敏感な子かもしれません。

HSCは、親の育て方のせいでも、本人のワガママのせいでも、ありません。
発達障害名や病名でもありません。
心理的な概念で、その子の特性だと思って下さい。

HSCは、人より感受性が豊かで、優しい面がたくさんあります。
小さいことによく気がつき、ぬいぐるみや動植物にも、とても優しくできます。

そんなHSCを育てていることに、自信をもちましょう!

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。
応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

2020/03/09
アキ

ABOUT ME
アキ
元小学校教諭|教員歴15年|小学生と幼稚園児のママ| 保有資格▶ 幼稚園教諭/小学校教諭/中学校教諭・高等学校教諭(国語)/図書司書教諭/認定心理士(日本心理学会)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA