勉強

【家庭学習の工夫】文章問題をやろう!小学生への教え方も解説

家庭学習がワンパターンになってしまいます。
特に、算数は計算問題ばかり…
文章問題もやってもらいたいけど、教え方が分かりません。
家の勉強で、どんな工夫ができますか?

こんな質問にお答えします。

この記事で分かること
  • 家庭学習を工夫する方法
  • 文章問題を解くコツ&教え方
  • 2020年度から始まる『新学習指導要領』
アキ

私は、元小学校教諭です。
現役時代、2020年度から始まる『新学習指導要領』の研修に、参加しました。
現在は、小学生のママです。

この記事を読めば【文章問題を使った今の時代に合う家庭学習】が、分かりますよ!

文章問題を使って家庭学習を工夫しよう

文章問題を使って家庭学習を工夫しよう

家庭学習で算数の勉強をしたら、いつも計算問題ばかり。
これで算数の勉強になるのかな?
もっと違うことも、した方がいいのでは…

なんて思っている、おうちの方もいらっしゃるのでは?

結論を言えば、計算問題ばかりでも、算数の勉強になります!

アキ

一番、大切な計算力がアップするので、計算問題ばかりでも大丈夫!!

  • 算数が得意で、計算問題に飽きている…
  • もっと違う勉強がしたい!

と感じるお子さんには、今の時代を意識した【文章問題を使った新しい勉強方法】をオススメします!

新学習指導要領を意識した家庭学習をしよう

2020年度からココが変わる日本の教育

新しい勉強方法って何?

2020年度から、小学校では『新学習指導要領』が始まります。

簡単に言うと、
子供たちに、新しく身に付けたい力は、これですよ!
と文部科学省から伝えられる、教育の指針です。

『新学習指導要領』では、英語や道徳、プログラミング教育などが変わります。
また、考える力や伝える力がより重視され、授業では、自分の考えを相手に伝える活動が増えます。

主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の視点から「何を学ぶか」だけでなく「どのように学ぶか」も重視して授業を改善します。

 引用元:平成29・30年改訂学習指導要領のくわしい内容(文部科学省より)

文部科学省『生きる力』新学習指導要領とは?

※ 保護者向けに『新学習指導要領』についての、紹介もあります。

つまり、新しい勉強方法とは

アキ

『新学習指導要領』を意識した、家庭学習の工夫です!

そこで、私がオススメしたいのが、文章問題を使った新しい勉強方法です!

『新学習指導要領』に対応した家庭学習の工夫

『新学習指導要領』に対応した新しい家庭学習

具体的に、2020年度にも対応できる「家庭学習の方法」を紹介していきます。

  • 勉強の方法は、すごく簡単!
  • 新たに、用意する道具もなし!

2ステップで、今の時代に求められる『自分の考えを相手に伝える=主体的・対話的で深い学び』が、家庭学習で身についちゃいますよ!

【ステップ1】問題を解く

まずは、算数の文章問題を解きましょう。

問題を解いて、答えが出て、おしまい。
これが、いつもの家庭学習です。

でも、ここからがポイントです!

★ 文章問題を解くことが苦手という人は、次の見出し『文章問題を解くコツ』を参照してください。

【ステップ2】説明をする

説明を考えてみましょう。

式と答えは、どうしてこうなったのか、自分の考えを説明するのです。

アキ

よし!
ひー、どうしてこうなったか、説明して!

ひー

わかんない…
どうやって言えばいいの?

いきなり、お子さんに「説明して」と言っても、できません…。

まずは、説明の型を知らせましょう。

そのために、親が実際に説明するしてみるのが、効果的です。
小学校1年生の算数でも、説明となると、大人でも意外に難しいものです。

ここで、例をお伝えしましょう。

【問題】

 ゆかさんは どんぐりを 9こ、

ひろしさんは 4こ ひろいました。

 あわせて なんこ ひろいましたか。

引用元:あたらしいさんすう1(東京書籍)

【式】

9+4=13

【答え】

13こ

アキ

この文章問題の説明を、考えてみましょう。

式は、9+4=13に、なりました。

なぜかというと、9はゆかさんのどんぐりの数、4はひろしさんのどんぐりの数だからです。

問題に「あわせて」という言葉があったので、「たし算」だと思いました。

だから、式が9+4になって、答えは13こに、なりました。

説明の型をまとめると

式は、〇+△なりました。▶式の説明

なぜかというと、〇は~の数、△は~の数だからです。▶数の説明

問題に【あわせて】という言葉があったので、【たし算】だと思いました。▶何算になるかの説明

だから、式が〇+△になって、答えは◇に、なりました。▶式と答えの説明・まとめ

このように、説明の型を、決めておきましょう。

説明をイチから考えるのは、難しいです。
説明の型にはめて、慣れてきたら、自分なりの言葉で説明できると良いですね。

ひー

はじめはドキドキするし、分かんなかったけど、
3回目からは、できるようになったよ!

大人も子供に説明すると、『対話的な深い学び』に繋がります。
説明は、互いに同じでもOK!
自分の考えを伝え合うことが大事です。

文章問題を解くコツ

文章問題を解くコツ

文章問題を解くことが、苦手…というお子さんも多いでしょう。

ここでは、最低限おさえておきたい、文章問題を解くコツを紹介します。

ポイントは2つ!

  1. 使う数字を見つける
  2. 何算になるかキーワードを見つける

先ほどの文章問題を例にすると

ゆかさんは どんぐりを 9こ、

ひろしさんは 4こ ひろいました。

 あわせて なんこ ひろいましたか。

引用元:あたらしいさんすう1(東京書籍)

文章問題の教え方

式で使う数字を、で囲むこと。

何算か分かる、キーワードをひくこと。

アキ

この2つは、私が教師時代、どの学年の担任になっても、算数で教えていた方法です。

文章問題のキーワード
あわせて・ぜんぶで・みんなで・ふえたら⇒たし算
のこりは・どちらが・ちがいは・ひいたら⇒ひき算
〇つ分⇒かけ算
1人分は・分けると⇒わり算

文章問題が苦手というお子さんは、まず文章の中から、この2つを見つけることから始めましょう。

アキ

文章問題だけたくさん欲しい!という場合は、市販のドリルを使うのもありですよ。

【まとめ】文章問題を解くと家庭学習の工夫ができる!

文章問題を使って家庭学習を工夫しよう まとめ

ワンパターンな家庭学習から抜け出したい!
2020年度から始まる『新学習指導要領』にも対応した、工夫ある家庭学習をしたい!

そんな時は 算数の文章問題を使って、『自分の考えを相手に伝える』家庭学習をしてみましょう!

2020年度から、新しく始まっている『新学習指導要領』

【主体的・対話的で深い学び】が大切となり、授業の中で、自分の考えを伝える活動が増えます。

学校では、今までも話し合い活動や、自分の考えを伝える学習をしてきました。

でも、消極的なお子さん、発表に自信のないお子さん、人前で緊張してしまうお子さんは、自体的・対話的な活動が苦手な場合が多いです。

毎時間の授業で、発言のチャンスが全員におとずれることは難しいです。
限られた時間の中で、限られた人数しか、発表できない授業もたくさんあります。

それは、先生が悪いのではなく、30人学級で、1人1分ずつ発表したら…
それだけで授業の時間は終わってしまいます。

より多くの子供に、より多くの発言の場を持ちたい!と、考えている先生は多いです。
私もそうでした。

でも、現実ではなかなか厳しいもの、事実です。

だからこそ、家庭でも『自分の考えを伝える練習』をすると、学校でも、進んで発言できるようになると、私は考えます。

我が子は、参観日に行くと、全く手も挙げず発表をしません。
本人は緊張するし、恥ずかしいからと言っています。

だからこそ、私は家で少しずつ『自分の考えを伝える練習』を取り入れた家庭学習の工夫をしています。

『自分の考えを伝える練習』を取り入れた家庭学習の工夫
教科書とノートを使った我が家の家庭学習

即効性はないかもしれませんが、これからの時代を生き抜くため、我が子にも【主体的・対話的で深い学び】をさせていきます!

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。
応援して頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 にほんブログ村へ

2020/03/15
アキ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA