勉強法

【作文の書き方】小学生がわかる5つのルール|実例ありでコツがつかめます

うちの子、作文が苦手なんです。
学校では、はじめ・なか・おわりで書けって言うけど、コツが分からないから、私も教えられません。

こんな悩みを解決します。

アキ

私は、小学校教諭歴10年
我が子も作文が苦手…家庭学習で三行日記に取り組んだり、作文が書けるようプリントを自作しています。

今回は、作文の書き方がわかる、5つの基本ルールを実例つきでまとめました。

この記事を読むと、作文の書き方のコツがつかめますよ。

この記事で分かること
  • 作文の書き方の流れ
  • 作文を書く時のコツ
  • 作文の実例

記入するだけで、作文が完成できるワークシートも自作しました。
自由に印刷して、お使いください。

>>ワークシートを先に見る

作文の書き方~小学生の基本ルール~全体の流れ
作文の書き方~全体の流れ~
  1. 1番知らせたいできごとを決める【はじめの部分】
  2. 1番伝えたい気持ちを決める【おわりの部分】
  3. できごとを時間にそって書く【なかの部分】
  4. できごとに合わせて気持ちを書く【なかの部分】
  5. タイトルを考える
アキ

教員歴10年のノウハウで、たっぷりお伝えします。

作文の書き方のコツ【はじめ・おわり・中】の順で考えよう

作文の書き方のコツ【はじめ・おわり・中】の順で考えよう

小学校2年生になると、『はじめ・中・おわり』を意識して作文を書くよう学校で指導されます。

ただ、苦手な子は、何を、どの順番で書けばいいのか分からないため、書く手が止まってしまいます。

そこで、私はあえて『はじめ→中→おわり』の順ではなく、『はじめ→おわり→中』の順で書くよう指導しました。

アキ

作文では、1番知らせたいできごと(イベント)と、伝えたい気持ちを決めることが大切♪

そのため、はじめの『できごと』と、おわりの『気持ち』を決め、
どうしてその気持ちになったの?
と理由を後付けするようにしました。

スタートとゴールを決め、あとはその子の書く力に合わせて中をつけたしていく方法は、作文が苦手な子にも取り組みやすい方法でした。

※はじめ・中・おわりの順で指導する場合もあります。

実際の作文を例にあげながら、くわしく説明していきます。

作文の書き方①1番知らせたいできごとは?

作文の書き方小学生の基本①1番知らせたいできごとは?

1番知らせたいできごとを決めます。

アキ

これは、作文の『はじめ』の部分にあたります。

できごとを1つにしぼる理由は、『~しました』の羅列にならないようにするためです。

わるい例:知らせたいできごとが複数
犬のポチと、さんぽをしました。
おとうとと、ボールであそびました。
なわとびもしました。
楽しかったです。

よい例:知らせたいできごとは1つ
犬のポチと、さんぽをしました。

作文の書き方②1番伝えたい気持ちは?

作文の書き方小学生の基本②1番伝えたい気持ちは?

1番伝えたい気持ちを決めます。

アキ

これは、作文の『おわり』の部分にあたります。

『はじめ』に書いたできごとに対しての『気持ち』です。

思いつかない場合は、
どうしてこのできごとを作文に書こうって思ったの?
とたずねると考えつきやすくなります。

アキ

どうしてポチのさんぽにしようと思ったの?

むすめ

だって、私の言うこときいて、ちゃんと止まったから!ビックリしたの!

作文の書き方③できごとを時間にそって書こう

作文の書き方小学生の基本③できごとを時間にそって書こう

『はじめ』と『おわり』が決まれば、『中』をくわしく書いていきます。

アキ

ポイントは、時間にそってできごとを書くことです。

  1. リードをつけるのが大変だった。
  2. 外に出たら、さむくてポチがブルブルした。
  3. 私が走ったら、いっしょに走ってくれた。
  4. 私が止まったら、ポチも止まった。

この時に、五感を使って書くと、より相手に伝わる作文になります。

作文の五感
  • 見る
  • 聞く
  • 話す
  • 触る
  • 嗅ぐ

なるべく、バランス良く5つが入っているとレベルの高い作文になります。

アキ

特に、子供は見たことばかり書きがちです。

会話文が中に入ると、よりくわしい内容になります。

よい例:五感を意識して書く

  1. リードをつけるのが大変だった。
  2. 外に出たら、さむくてポチがブルブルした。
  3. 私が走ったら、いっしょに走ってくれた。
  4. 私が「待て!」と、止まったら、ポチも止まった。

他に聞こえたことある?
リードをつけた時に、ポチを触った?どうだった?

など、『中』の情報が足りないと思った場合は、五感を意識して書く内容を引き出してあげるとよいです。

作文の書き方④できごとに合わせて気持ちを書こう

作文の書き方小学生の基本④できごとに合わせて気持ちを書こう

次はできごとに合った、気持ちをプラスします。

  1. リードをつけるのが大変だった。
    ⇒なし
  2. 外に出たら、さむくてポチがブルブルした。
    ⇒私もさむいなと思った。
  3. 私が走ったら、いっしょに走ってくれた。
    ⇒ポチ足がはやいな!
  4. 私が「待て!」と、止まったら、ポチも止まった。
    ⇒すごい!言うこと聞いてくれた!!

全てのできごとに気持ちが書けるわけではありません。
考えついた場合に、追加すると気持ちが伝わる作文になります。

作文の書き方⑤タイトルをつけよう

基本的な流れは以上ですが、タイトルについて補足します。

作文を書くとき、子供はタイトルを先に書こうとします。
しかし、書き始めていないのに、タイトルを書くのはなかなかむずかしいものです。

アキ

タイトルが決まらず、作文を書けない…と手が止まってしまう子もたくさんいます。

そのため、本文を書き終わったあとに、
じゃあこのお話にタイトルをつけるとしたら?
とたずねて決めさせる方がすんなり決められることが多いです。

うれしかったポチとのさんぽ

2年 〇〇〇 〇〇〇

わたしは、犬のポチと、さんぽをしました。
外に出る前に、ポチにリードをつけるのが大へんでした。
外に出たら、さむくてポチがブルブルっとしました。
私もさむいなって思いました。
手がカチカチになりました。
私が走ったら、いっしょに走ってくれました。
ポチ、足がはやいな!と、思いました。
わたしが
「待て!」
と、止まったら、ポチも止まりました。
すごい!言うこと聞いてくれた!!とうれしくなりました。
また、さんぽに行きたいです。

例が横書きになってしまい、すみません…

作文の書き方のコツは『1番知らせたい・伝えたいをしぼって書く』

作文の書き方のコツは『1番知らせたい・伝えたいをしぼって書く』

作文の書き方のコツは、1番知らせたいこと・伝えたいことをしぼって書くことです。

また、『はじめ・中・おわり』の書く順を、『はじめ・おわり・中』に変え、伝える中心を決めてから、くわしい中身を肉付けしていく方法もあります。

アキ

スムーズに作文が書けるよう、記事の説明通りに書けるプリントを自作しました。

自由に印刷して、お使いください。

作文かんたんシート

記入のお手本も作りました。

アキ

使った五感に、丸をつけてチェックすることもできます♪

本格的に書く力を身につけさせたい!
という場合は、作文に特化した通信教育もあります。

引用元:ブンブンどりむ>>https://www.bunbun-dorimu.net/

我が家も無料体験してみました。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

2020/10/19
アキ

ABOUT ME
アキ
元小学校教諭|教員歴15年|小学生と幼稚園児のママ| 保有資格▶ 幼稚園教諭/小学校教諭/中学校教諭・高等学校教諭(国語)/図書司書教諭/認定心理士(日本心理学会)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA