勉強法

【家庭学習ノートの書き方】小学生が自主学習できる使い方を徹底解説

子どもの家庭学習ノートの書き方が雑…
ノートの使い方を知りたい!

自主学習できない!
ノートにどんな勉強をしたらいいの?

こんな自主学習の悩みに、お答えします。

この記事で分かること
  • 家庭学習ノートの書き方
  • 家庭学習ノートの選び方
  • ノートを使った自主学習の方法

アキ
アキ
私は、元小学校教諭です。
現役時代、たくさんの家庭学習ノートを点検してきました。
もちろん、家庭学習の取り組み方も指導してきました。
現在は、小学校低学年のママでもあります。

この記事を読めば、小学生が自主学習できる【家庭学習ノートの書き方や使い方】を、知ることができますよ!

はじめに、自主学習がはかどるノート選びから、説明します。
書き方や使い方も、じっくり解説するので、さいごまでご覧ください。

>>家庭学習ノートの書き方を先に見る

自主学習がはかどる【家庭学習ノートの選び方】

自主学習がはかどる【家庭学習ノートの選び方】

子どもの家庭学習ノートを見たらガッカリ…
書き方が雑すぎ!
どうやって書いたら、いいんでしょう?

という悩みをお持ちの方は、多いのでは?

原因として考えられるのは、2つ!

  1. ノートのマスの大きさが合っていない
  2. ノートの書き方が分かっていない

まずは、『マスの大きさ』について、説明します。

学年に合ったマスの大きさを選ぼう

学年別のマスの大きさ

小学生は学年によって、書ける字の大きさがバラバラです。

理由は、学年が小さいと鉛筆がうまく持てず、字形が整わないため。
小さな字が書きづらいからです。

例えば、1年生の場合、国語はだいたい8マスノートから始まります。
学年が終わる頃には、10~12マスのノートに書けるようになります。

アキ

家庭学習ノートが雑に見えるのは、マスの大きさに文字が合っていないことが考えられます。

学校の授業で使うノートは、教科によって細かくマスの大きさが指定されます。

家庭学習ノートも学校用のノートと同じく、学年に合ったマス選びをオススメします。

▼学年別 マスの大きさ目安▼

 国語算数
1年生6~12マス6~17マス
2年生10~18マス7~17マス
3年生12~18マス・5㎜方眼14マス~17マス・5㎜方眼
4年生以上5㎜方眼5㎜方眼

※ ノートを選ぶ時は、お子さんが書きやすい文字の大きさを基準に選びましょう。

家庭学習専用のノートもあります。

家庭学習ノートは2冊用意するのがオススメ!交互にノートを提出することで、当日に返却されなくても安心できます。

家庭学習ノートの選び方と少し離れてしまいますが、ノートは2冊用意することをオススメします!

なぜなら、学校に提出すると、すぐに返却されないことがあるからです。

アキ

私が教員として働いていた時は、おうちの方に2冊、家庭学習ノートを用意してもらっていました。

2冊の家庭学習ノートを交互に提出することで、当日に返却されなくても、安心して家庭学習することができます。

小学生が分かりやすい【家庭学習ノートの書き方】

小学生が分かりやすい【家庭学習ノートの書き方】

子どもが自主学習をノートを使ってやる場合、【書き方をパターン化】すると、取り組みやすくなります。

アキ

学校の授業では、ノートの書き方がある程度、決まっています。

学校の授業のように、家庭学習ノートも書き方をパターン化すると、困ることがなくなります。

小学校1年生を想定した、家庭学習ノートの書き方例です。
右が国語の漢字練習、左が算数の計算練習です。
ノートは「こくご15マス」を使っています。

家庭学習ノートは【書き方をパターン化する】と、楽に取り組めるようになります。

家庭学習ノートの書き方 例
  1. 日付を書く・・・勉強した日付を書きます。
  2. めあてを書く・・・勉強する内容を書きます。
  3. 練習をする・・・勉強したことを書きます。
  4. ふりかえりを書く・・・(できれば)勉強して分かったことなどを書きます。

低学年に「ふりかえり」は、少し難しいので、例には記入していません。

中学年以上になると、勉強して分かったことや気づいたこと、次に取り組みたい課題などを記入することで、より学習した内容が定着します。

家庭学習ノートを使った自主学習のやり方

家庭学習ノートを使った自主学習のやり方

学校のきまりで、家庭学習はノートで提出なんです。
ワークやプリントだったら、楽なんですけど…
家庭学習のネタ切れしちゃいます!

私が教員だった時も、家庭学習はノートで提出する約束の学校がありました。

先生側としては、『自分で課題を見つける力』『ノートに書く力』を付けて欲しい思いから決めているルールですが、親としては面倒なルールでもあります。

アキ

私も親になってから、家庭学習ノート提出の大変さが身に染みて分かります。

家庭学習のネタ切れしないコツは『教科書を使う』ことです。
実際に、小学校1年生の国語と算数を例に、解説していきます。

国語ノートの書き方

国語ノートには、漢字の書き練習をしよう

国語は、漢字がまとまって載っているページや単元ごとに新しく習った漢字が載っているページがあります。

アキ

漢字の読みや書き順、熟語も載っているので、それらをノートに写すだけでも勉強になります。

おうちの方のポイント

漢字練習の場合は、1ばん上手に書けた字に『はなまる』を付けると、お子さんのやる気がアップします!

算数ノートの書き方

算数ノートには、教科書の計算問題を解く方法がおすすめです

算数は、必ず練習問題が載っています。

アキ

すでに学校で取り組んでいても、もう一度、家で解くことで、学習内容が定着されます。

教科書の問題を解く場合は、ページ数を記入し、答えだけでなく、問題文も写すようにしましょう。
文字を書くことで、早く正確に書く力が付きます。

おうちの方のポイント

家庭学習ノートには、丸付けと合わせて、おうちの方のコメントを書くと、お子さんのやる気がアップします!
丸付けは、先生に任せることもできますが、おうちの方がチェックすることで、お子さんの理解度を把握することができます。

【まとめ】小学生が自主学習できる家庭学習ノートの書き方

【まとめ】家庭学習ノートの書き方・使い方

小学生が自主学習できる【家庭学習ノートの書き方や使い方】を紹介しました。
ポイントは、3つあります。

  • 家庭学習ノートは、学年に合った『マス』を選ぼう!
  • 家庭学習ノートは、『書き方をパターン化』しよう!
  • ノートを使った自主学習は、『教科書』も使おう!

家庭学習のネタは、これからも記事にしていきます。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。
応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

2020/01/21
アキ

ABOUT ME
アキ
元小学校教諭|教員歴15年|小学生と幼稚園児のママ| 保有資格▶ 幼稚園教諭/小学校教諭/中学校教諭・高等学校教諭(国語)/図書司書教諭/認定心理士(日本心理学会)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA